年収に応じて借りられる金額が左右される総量規制対象の消費者金融のキャッシング

手軽にお金を借りられることで多くの利用者がいる消費者金融のキャッシングですが、その利用にあたっては総量規制の適用を受けるという点には注意が必要です。総量規制は貸金業者から自分の返済能力を大幅に超えるような借金をしてしまい、その結果として自己破産に至ってしまう消費者が増えたことから、そのような状況に消費者を陥らせないことを目的として施行されています。

この総量規制があるおかげで無理な借金をしてしまう消費者を減らそうというのがこの法律の眼目なのです。そのため、消費者金融のキャッシングを利用する場合、消費者は自分の年収の三分の一を超える金額については借りることができません。これから消費者金融のキャッシングを利用してみようという方は是非その点については理解と納得をしておく必要があります。