ATMを使ってキャッシングの返済をする時の注意点

消費者金融でキャッシングをした場合、返済方法は、ATMでの返済、銀行振り込み、銀行引き落とし等、いくつかある中から自分にとって都合のいいものを選ぶことができます。最も多く利用されている方法は、ATMを使っての返済です。

キャッシングの契約をすると、ローンカードという銀行のキャッシュカードのようなカードが発行されます。このカードを使ってATMで返済をすることになります。

ローンカードの注意点は、消費者金融の自社ATMを利用した場合は手数料無料ですが、提携銀行やコンビニのATMを使うと手数料がかかることです。24時間開いているコンビニのATMは便利ですが、返済の度に手数料が必要となるので、1年間では1000~2000円もの金額になってしまいます。

ATMでの返済は、お金ができた時にいつでも返済できる、多めに返済していくことで借入期間を短縮できる等のメリットもあるので、ATMの手数料に注意しながら返済していきたいものです。