キャッシングの金利は「借りる際の難易度」、金利が安いからと言ってアテにし過ぎるのは良くない

いわゆる個人向きのキャッキングは全国様々ありますが、その金利も会社によって随分異なります。貸し手側は基本的に金利によって収益を得る形を取っていますから、金利が高ければ高いほど利益が大きいということになるわけです。

一方、金利が安いほどに借り手側には優しいということになりますが、安ければ安いほど借り手にとって良いサービスと言えるかというと、実は必ずしもそうではありません。利率が低いと利幅が狭くなり、借り手側の破産その他の事情で損を抱えてしまうリスクに対処しにくくなるため、金利が安いほど審査が厳しくなってしまいがちだからです。

一方金利の高い会社は当然貸しやすいとも言えるわけで、思わぬ形で審査が通ることも有り得ます。金利が安い方が借り手に嬉しいのは原則ですが、全てがその法則で動いているわけではないとは言えそうです。