レイクによるキャッシングとその主たる2つの特徴

レイクによるキャッシングには、主に2つの特徴があります。まず1点目ですが、他の会社から借りている金額に左右されない事がある点です。

そもそも金融会社から借りる事ができる金額には、限界が設定される事があります。例えば現在の年間の所得が、500万円になっているとします。その場合は、借りる事ができる限界は150万などになる訳です。というのも現在の日本のルールでは、借りれる金額の上限は3割程度と決まっています。それで500万の3割に相当する、150万に設定される事になるのです。

ところがレイクによるキャッシングの場合は、それ以上の金額で借りれるケースも多々あります。というのもレイクという会社は、いわゆる銀行になります。消費者金融とは異なるので、上記の事例では、150万以上で借りれるケースも見られる訳です。

それともう1つ特徴があって、この金融会社の場合は、金利の無料システムがあります。一定期間内に全額を返済した時には、金利が発生しないというシステムになるのです。

そのシステムが大きな効果を発揮するのは、主に給料日前になります。給料日になれば確実にお金が振り込まれる訳ですが、その少し前のタイミングでレイクから借りれば、実績にはほぼ無料で融資を受けられる訳です。ですので給料日前でお金が足りなくなっているサラリーマンの方などは、レイクを利用しているケースも珍しくありません。ただし無料期間を過ぎてしまえば、通常の金利が適用される事になるのは要注意です。