キャッシングの本人確認はどうやって行うのか

お金を借りたい時にいつでも借りる事が出来るキャッシングですが、キャッシングを利用する際には本人確認が必要不可欠です。

本人確認とは名前、生年月日、現在の住所が記載されている書類によって確認されるもので、主に本人確認として利用されるのが、運転免許証や健康保険証、またはパスポートです。

これらに記載されている住所と現在の住まいが異なる場合は、プラスして現在の住所を確認できる書類も用意する必要が出てきます。

そのため、公共料金の領収書や税金証明書、住民票の写しなどを用意しなければいけません。

しかも、いつのものでも良い訳ではなく、発行から半年以内のものでなくてはいけませんから、注意が必要です。

このような手間を省くためには、引っ越しをしたらなるべく早くに免許証などの住所変更をしておくことです。

また、本人確認はパソコンやスマホからでも行う事が出来ます。

この場合は、カメラで確認書類を撮影してメールに添付して送信します。

この時、必ずはっきりと文字が読み取れるように撮影する事が重要です。

また、混同されがちですが、職場に電話をかけるのは本人確認ではなく在籍確認のためになります。

本人確認は、書類さえきちんと用意すれば上記のようにWeb上でも完了する簡単な手続きだけで済むのです。