消費者金融の審査はどのように行われている?

消費者金融を利用するには、必ず審査を受ける必要があります。この審査では、まず確かに本人が申込みを行っているという確認から始まり、次に現在の借り入れが総量規制に達していないかの確認を行います。

この総量規制とは、金融業者から借りることができるのは合計して年収の1/3までという貸金業法上の規定で、例えば年収が300万円の人は全ての金融業者を合計して100万円までしか借りることができません。既に50万円を他社で借りている場合、あと借りることができるのは50万円までになります。

そして、過去に金融事故を起こしたことがないかを同時にチェックします。総量規制についてもそうですが、こういった借り入れ状況はその人の信用情報から全て分かります。過去に返済の延滞を何度も行ったような場合、それが原因で審査に落とされることになるかも知れません。

ここまでクリアできれば、次は勤務先とその勤務先への勤続年数といった収入の安定性の確認を行い、続けて確かにその勤務先に在籍しているという確認も行います。会社の規模もそうですが、職業自体も審査の対象となる為、アルバイトより会社員、更に役員と、社会的に安定性のあると思われる職業ほど優遇される傾向にあります。

また、居住実態も大切な要素になります。同じ年収だったとしても、家賃が掛かる賃貸物件に住んでいる人と、それが掛からない持ち家の人とでは毎月返済に回せる金額が違う為です。住宅ローンや車のローンなど大きなを組んでいる場合も、その返済額が家賃と同様に審査の対象になります。

消費者金融では基本的にこのような様々な要素から審査を行っています。細かい点は各社によって違いますが、このような流れで審査されていると考えて間違いはありません。