キャッシングの審査はどんな手順で行われる?

キャッシング申込で不安になるのは審査かと思います。
キャッシングの申し込みをしたらどのような審査が行われるのか、解説します。

キャッシングの申し込みをネット無いし他の媒体で行なった場合、あなたの入力された内容に基づいて入力内容を数値化します。
正社員なら5点だが、派遣社員なら3点、アルバイトなら1点といった具合に点数をつけ、職業形態、居住年数、勤続年数、年齢、年収でトータルの数値を出していくわけです。

これは仮審査やスコアリング審査と呼ばれ、スコアリング点数が一定値を越えれば社内的な審査は通過します。
総量規制に引っかかっていないならば、審査合格の電話が来るでしょう。
カードローンで保証会社が存在する場合、保証会社の審査もここの仮審査で行われます。

審査を通過した後はいよいよ本申し込みを行います。
本申し込みは、ネット無いし紙媒体で署名し、キャッシング会社側も簡易な仮審査から人の目を使った本審査へと移ります。
本審査では住所に本当に居住実態があるか、勤務実態があるか、申請した借入額は申告通りになっているか信用情報機関を使って調べ、正しく申告されているなら審査は通過となります。

本審査で審査通過しない時は仮審査と違い、状態が悪く審査通過しなかったわけでは無いので注意が必要です。
他のキャッシング会社も落ちるようなら、信用情報機関の情報を取り寄せるなど原因究明に努めましょう。